2010年08月17日

福祉用具・住宅改修サービス 保険者データ

福祉用具の安全性を考えるネットワークからの【保存版】情報

介護保険事業状況報告(暫定)(平成22年 3月分(第1号被保険者数、認定者数等))
が厚生労働省より発表されました。


福祉用具・住宅改修サービスは、総額給付決定額が182億7,300万円
(※現物給付(1月サービス分)償還給付(2月支出決定分))となっており、
その内訳を見ると
◆福祉用具貸与   144億1,400万円 で、その殆どでもある78.9%を占めています。
◆住宅改修費    28億1,800万円 で、貸与の約5分の1である15.4%
◆福祉用具購入費  10億4,100万円で、5.7%と貸与の約14分の1、住宅改修の約3分の1

今年の1月分(現物給付(H21.11月サービス分) 償還給付(H21.12月支出決定分)
●福祉用具・住宅改修サービス合計は、187億8,000万円で、5億円ほど減になっています。



施設サービスは、総額給付決定額が2,247億9,400万円
(※現物給付(1月サービス分)償還給付(2月支出決定分))となっており、
その内訳を見ると
◆介護老人福祉施設  1,074億6,500万円で、ほぼ半分の47.8%を占めています。
◆介護老人保健施設   854億4,400万円 で、38.0%
◆介護療養型医療施設  318億8,500万円で14.2%となっています。

今年の1月分(現物給付(H21.11月サービス分) 償還給付(H21.12月支出決定分)
●施設サービス合計は、2,252億8,300万円で、少し減になっているようです。



保険者毎の福祉用具・住宅改修サービスのデータはこちらよりどうぞバッド(下向き矢印)

福祉用具関連(保険者別2010.1-2月)

posted by ulalaway at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 福祉用具関連データ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつも楽しく観ております。
また遊びにきます。
ありがとうございます。
Posted by 生命保険の選び方 at 2010年08月30日 10:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/158709530
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック