2015年11月25日

介護保険における利用者負担の見直し 

【経済財政運営と改革の基本方針2015(経済・財政再生計画)】から

「世代間・世代内での負担の公平を図り、負担能力に応じた負担を求める
観点から、医療保険における高額療養費制度や後期高齢者の窓口負担の在
り方について検討するとともに、介護保険における高額介護サービス費制
度や利用者負担の在り方等について、制度改正の施行状況も踏まえつつ、検討を行う」

【論点】
○ 高額介護サービス費制度により、介護保険給付に係る利用者負担額が限
度額を超える場合に超えた金額が高額介護サービス費として支給されている
が、その限度額が医療保険制度(高額療養費)よりも部分的に低くなっており見直しが必要。

○ 利用者負担割合については、制度の持続性確保の観点から2割負担に移行す
ることが必要。平成27年8月より、住民税課税世帯のうち、一定以上の所得(
合計所得金額160万円以上)を有する者については、介護保険給付に係る利用者負
担割合が1割から2割に引き上げられたが、今後、段階的に、医療保険との均衡を
踏まえて、65〜74歳について原則2割負担とし、次に75歳以上についても2割負担とすべき。

【改革の具体的な方向性】(案)
<高額介護サービス費制度>
○ 高額介護サービス費制度について、高額療養費と同水準まで利用者負担限度額
を引き上げるべき。
<利用者負担割合(2割負担の対象者の見直し)
@ 65歳以上74歳以下の高齢者について、医療制度との均衡を踏まえ、原則2割負担化
への見直しを実施すべき。
A その上で、医療保険制度における窓口負担に係る議論の状況を踏まえつつ、75歳
以上の高齢者についても、原則2割負担の導入を検討すべき。


posted by ulalaway at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 介護保険関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。