2017年08月09日

最新!介護サービス受給者と費用額(2017年5月審査分)

福祉用具(介護用品)の安全性を考えるネットワークからのNEWS

厚生労働省公表の直近の「介護給付費実態調査費」(平成28年5月審査分)
データをみておりますと、介護サービス受給者は、約414.9万人で、
介護予防サービス受給者約92.7万人と併せて、約507.61万人程にのぼっています。

また、福祉用具貸与の利用数は全体の約3分の1で且つ、在宅サー
ビス受給者の約50%を占めています。

総費用額については、7,755億百万円+予防308.9億円で、およそ計8063.9億円。
在宅と施設では、やや在宅が多いものの、ほぼ同等の費用が掛かっています。


posted by ulalaway at 00:00| Comment(0) | 福祉用具関連データ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。