2017年10月30日

『福祉用具貸与』上限額など設定案示す(厚労省社保審より)

10月27日の厚生労働省、社会保障審議会介護給付費分科会にて、
福祉用具貸与の制度の変更についての案が示されました。

この日の分科会では、月平均の貸与実績が100件を超えるものについて、
上限額の設定などの対象とする案が示されました。
TAISコードを取っている既存の福祉用具であれば、98.3%が
「月平均100件以上」の条件に該当するそうです。
また、上限額などは年に1回程度の見直しを行う案も提示されました。

さらに、次の取り組みを業者に義務付ける案も示されました。

・商品の特徴や価格、全国平均貸与価格を利用者に説明する
・機能や価格帯の異なる複数の商品を利用者に提示する
・利用者に交付する福祉用具貸与計画をケアマネジャーにも交付する

これらの案については、ほぼすべての委員が前向きに評価。
「上限価格の見直しなどが年に1回、必ず行われると、そのたびに利用者へ説明しな
ければならないので柔軟な制度上の対応が必要」と指摘したものの、
福祉用具貸与については、今回の厚労省の案を軸に規定の見直し
が行われる見通しです。

↓第148回社会保障審議会介護給付費分科会資料
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000182801.html

↓福祉用具貸与の報酬・基準について(案)(PDF:328KB)
http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12601000-Seisakutoukatsukan-Sanjikan
shitsu_Shakaihoshoutantou/0000182784.pdf
posted by ulalaway at 22:33| Comment(0) | はるうらら館 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月25日

最新!福祉用具(都道府県別給付費2017.05-06月)

福祉用具の安全性を考えるネットワークからの【保存版】情報

2017年1月審査:現物給付(16年11月サービス分) 償還給付(16年12月支出決定分)
の都道府県別保険給付(福祉用具関連)データを、厚生労働省介護保険事業状況
報告月報より入手いたしました。

2017年7月審査分(2017.05-06)全国計は、
【貸与】23,495,775千円【購入】1,159,017千円【住改】3,484,591千円となりました。

過去の推移は、以下の通りです
▼2017年1月審査分(2016.11--2016.12)
【貸与】22,878,737千円【購入】1,173,068千円【住改】3,472,511千円
▼2016年12月審査分(2016.10--2016.11)
【貸与】22,872,552千円【購入】1,135,749千円【住改】3,334,320千円
▼2016年10月審査分(2016.07--2016.08)
【貸与】22,432,975千円【購入】1,117,716円【住改】3,359,338千円
▼2016年4月審査分(2016.02--2016.03)
【貸与】21,565,222千円【購入】1,258,124円【住改】3,527,523千円
▼2015年4月審査分(2015.02--2015.03)
【貸与】20,631,413千円【購入】1,282,469千円【住改】3,549,631千円
▼2014年4月審査分(2014.02-2014.03)
【貸与】19,258,004千円【購入】1,238,692千円【住改】3,531,508千円。
▼2013年4月審査分(2013.2-2013.3)
【貸与】18,101,971千円【購入】1,224,718千円【住改】3,384,858千円
▼2012年04月審査(2012.2-2012.3)
【貸与】16,858,207千円【購入】1,316,654千円【住改】3,527,320千円
posted by ulalaway at 00:00| Comment(0) | はるうらら館 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月24日

2017年5月-6月の住宅改修費データ 

福祉用具と安全性を考えるネットワークからのお知らせ

厚生労働省老健局介護保険課介護保険事業報告(暫定)
(平成29年7月分)より、現物給付(2017.05月サービス分)償還給付
(2017.06月支出決定分)までの住宅改修費データを見ましたところ、

住宅改修費は、05-06月は31億1,123万円となり、前月34億8459.1万円
と比べてマイナスになっております。(前月比107.5%)

前年比は、99.1%と、マイナスになっております
ラベル:住宅改修費
posted by ulalaway at 00:00| Comment(0) | はるうらら館 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月23日

2017年5月-6月の福祉用具購入費データ

福祉用具と安全性を考えるネットワークからのお知らせ

厚生労働省老健局介護保険課介護保険事業報告(暫定)
(平成29年7月分)より、現物給付(2017.05月サービス分)償還給付
(2017.06月支出決定分)までの福祉用具購入費データを見ましたところ、

福祉用具購入費は、5-6月は11億5901.7万円となり、前月11億1615.7万円
と比べてマイナスになっております。(前月比103.8%)

前年比は、100.7%と、微増になっております
posted by ulalaway at 00:00| Comment(0) | はるうらら館 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月20日

2017年7月の第1号被保険者数&要介護者数データ

福祉用具の安全性を考えるネットワークからの【保存版】情報

2017年7月の第1号被保険者数&要介護者数データを、
厚生労働省介護保険事業状況報告月報より入手いたしました。

2017年7月の第1号被保険者数は34,571,875人 前年比102%。
同年月の第1被保険者に占める
要介護認定者数は、6,249,909人 前年比102%。出現率18.1%
要介護認定者数の内訳は、
65歳〜75歳が 749,485人(12.0%)
75歳以上が 5,500,424人(88.0%)
posted by ulalaway at 00:00| Comment(0) | はるうらら館 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月19日

最新!介護サービス受給者と費用額(2017年7月審査分)

福祉用具(介護用品)の安全性を考えるネットワークからのNEWS

厚生労働省公表の直近の「介護給付費実態調査費」(平成28年7月審査分)
データをみておりますと、介護サービス受給者は、約420.5万人で、
介護予防サービス受給者約89万人と併せて、約509.5万人程にのぼっています。

また、福祉用具貸与の利用数は全体の約3分の1で且つ、在宅サー
ビス受給者の約50%を占めています。

総費用額については、8000億7700万円+予防290億870万円で、およそ計8290億8570万円。
在宅と施設では、やや在宅が多いものの、ほぼ同等の費用が掛かっています。
posted by ulalaway at 00:00| Comment(0) | はるうらら館 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月18日

最新!2017年7月の福祉用具貸与事業者数推移

福祉用具の安全性を考えるネットワークからの【保存版】情報

2017年7月の貸与事業者数推移データが、厚生労働省
介護給付費実態調査月報よりアップされております。

貸与事業者数は、7,288事業者で先月より28事業者マイナスになっております。
事業者の内訳ですが、その殆どが
営利法人で6,796事業者(先月比27事業者マイナス)となっております
ラベル:貸与事業者数
posted by ulalaway at 00:00| Comment(0) | はるうらら館 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月17日

最新!福祉用具貸与データ 2017年7月分

福祉用具の安全性を考えるネットワークからの【保存版】情報

2017年7月の福祉用具貸与データが、厚生労働省介護給付費実態調査月報
(平成29年7月審査分)にアップされています。

2017年7月は266億7,500万円で前月比100.5%と微増になっております。
前年比は104.8%と増加にて推移しています。

ちなみに、以下はここ数ヶ月の費用額です。
2017年06月 266億7,500万円
2017年05月 263億5,800万円
2016年10月 232億2,700万円
2015年10月 245億4,100万円
2014年10月 230億1,100万円
2013年10月 215億5,300万円
2012年10月 200億8,900万円
2011年10月 186億2,200万円
posted by ulalaway at 00:00| Comment(0) | はるうらら館 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月16日

最新!福祉用具貸与単位数(2017年7月審査分)

2017年7月の介護給付費実態調査月報が厚生労働省より発表されました。

■福祉用具貸与における総単位数からみて、
@特殊寝台+特殊寝台付属品 ⇒ 41.4% 
A 車いす+車いす付属品  ⇒ 18.4% 
@+A ⇒ 59.8%となっております。
(ベッド、車いす関連で全体の約60%となるようです。)
さらに床ずれ防止用具、体位変換器の6.1%を足すと、
約70%が重度の方のための用具で占められています。
件数は約62%です。

▼一方、軽度にて利用のある
B手すり 18.3% C歩行器 7.5% D杖 0.8%BCD計で、
金額ベースでは26.0%となっており、スロープを含めて29.6%となっています。
また、件数においては上記BCD計33.6%で、
スロープを含めると37.4%になっています。
posted by ulalaway at 00:00| Comment(0) | はるうらら館 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月18日

最新!福祉用具貸与データ 2017年6月分

福祉用具の安全性を考えるネットワークからの【保存版】情報

2017年6月の福祉用具貸与データが、厚生労働省介護給付費実態調査月報
(平成29年6月審査分)にアップされています。

2017年6月は266億7,500万円で前月比101.2%と微増になっております。
前年比は105.1%と増加にて推移しています。

ちなみに、以下はここ数ヶ月の費用額です。
2017年05月 263億5,800万円
2017年02月 259億4,400万円
2017年01月 260億1,800万円
2016年12月 259億8,200万円
2016年10月 232億2,700万円
2015年10月 245億4,100万円
2014年10月 230億1,100万円
2013年10月 215億5,300万円
2012年10月 200億8,900万円
2011年10月 186億2,200万円
posted by ulalaway at 00:00| Comment(0) | はるうらら館 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月10日

最新!福祉用具貸与データ 2017年5月分

福祉用具の安全性を考えるネットワークからの【保存版】情報

2017年5月の福祉用具貸与データが、厚生労働省介護給付費実態調査月報
(平成29年5月審査分)にアップされています。

2017年5月は263億5,800万円で前月比101.2%と微増になっております。
前年比は105.6%と僅かですが増加にて推移しています。

ちなみに、以下はここ数ヶ月の費用額です。
2017年02月 259億4,400万円
2017年01月 260億1,800万円
2016年12月 259億8,200万円
2016年11月 234億1,000万円
2016年10月 232億2,700万円
2015年10月 245億4,100万円
2014年10月 230億1,100万円
2013年10月 215億5,300万円
2012年10月 200億8,900万円
2011年10月 186億2,200万円
posted by ulalaway at 00:00| Comment(0) | はるうらら館 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月10日

最新!介護サービス受給者と費用額(2017年2月審査分)

福祉用具(介護用品)の安全性を考えるネットワークからのNEWS

厚生労働省公表の直近の「介護給付費実態調査費」(平成28年2月審査分)
データをみておりますと、介護サービス受給者は、約413.3万人で、
介護予防サービス受給者約103.8万人と併せて、約517.1万人程にのぼっています。

また、福祉用具貸与の利用数は全体の約3分の1で且つ、在宅サー
ビス受給者の約50%を占めています。

総費用額については、7640.4億円+予防362.6億円で、およそ計8,001億円。
在宅と施設では、やや在宅が多いものの、ほぼ同等の費用が掛かっています。
posted by ulalaway at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | はるうらら館 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月01日

最新!2016年11月の福祉用具貸与事業者数推移

福祉用具の安全性を考えるネットワークからの【保存版】情報

2016年12月の貸与事業者数推移データが、厚生労働省
介護給付費実態調査月報よりアップされております。

2016年12月度審査分によりますと、
貸与事業者数は、7,321事業者で先月より11事業者増になっております。
事業者の内訳ですが、その殆どが
営利法人で6,827事業者(先月比9事業者増)となっております。
posted by ulalaway at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | はるうらら館 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月25日

「介護退職」を読んでみました

51Yl3aRwN2L._SX341_BO12C2042C2032C200_[1].jpg
楡周平氏の「介護退職」という文庫本が気になったので手にとってみました。
同じ業界にいると、ついつい避けてしまいがちなタイトルではありますが、
一般の方にとっては、このほうがわかりやすいのかとも思います。

さて、内容ですが、この小説でおこる出来事は、肉親での介護経験を
持ったことがある、また現在も持つ身からすると、決して小説の中の絵空事
ではなく現実に限りなく近い。いやむしろ現実のほうがもっと悲惨さ
を極めているように思われる。

受け身でとらえていればいるほど、理不尽に感じる介護サービスの実態。
精神的にも肉体的にも破壊寸前に陥る家族。
苦しさにやるせなさ。どうすることもできない感情。

本書では、徐々に光が見えてくるような展開になっているので後味の悪さが
残らないようになっているが、現実はこんなにもうまくはいかない
と思います。

介護という避けたいけれども、避けることができない家族の
現実にあったときに、どこまで正面から向き合えるのか?

何もなしに一生を全うできる人は少ないのだから、
誰にでも起こりうるちうことを、起こってからではなく今
もっと直視する必要があるのだということを警告しているのかの
ような小説でした。

ラベル:介護退職 楡周平
posted by ulalaway at 10:50| Comment(0) | TrackBack(0) | はるうらら館 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月21日

2016年9月-10月の住宅改修費データ

福祉用具と安全性を考えるネットワークからのお知らせ

厚生労働省老健局介護保険課介護保険事業報告(暫定)
(平成28年11月分)より、現物給付(2016.09月サービス分)償還給付
(2016.10月支出決定分)までの住宅改修費データを見ましたところ、

住宅改修費は、9-10月は32億8460万円となり、前月33億5933.8万円万円
と比べてマイナスになっております。(前月比97.8%)

前年比も、102.5%と、若干プラスになっております
ラベル:住宅改修費
posted by ulalaway at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | はるうらら館 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月17日

ロボット技術の介護利用における重点分野

福祉用具の安全性を考えるネットワークからのお知らせ

厚生労働省と経済産業省は、「ロボット介護機器の開発・実用化に係る重点分野」
を改訂し、新たに1分野(入浴支援)と3項目を追加しました。平成24年11月に策
定した4分野5項目と合わせ、5分野8項目が今後の重点分野となります。

経済産業省では、これらの重点分野について、ロボット介護機器の開発補助事業に関
する公募を平成26年3月から開始する予定です。
 厚生労働省では、介護現場におけるロボット技術などの実用化が着実に進むよう、
平成26年度以降も引き続き、介護ロボットに関する相談窓口の設置、介護現場のニーズ
とのマッチング支援、介護ロボットに関する普及啓発などの取組を行う予定です。

【重点分野の概要】(印が今回新たに決定した重点項目)
(1)移乗介助
○ロボット技術を用いて介助者のパワーアシストを行う装着型の機器
○ロボット技術を用いて介助者による抱え上げ動作のパワーアシストを行う非装着型の機器
(2)移動支援
○高齢者等の外出をサポートし、荷物等を安全に運搬できるロボット技術を用いた歩行支援機器
●高齢者等の屋内移動や立ち座りをサポートし、特にトイレへの往復やトイレ内での姿勢保持を
支援するロボット技術を用いた歩行支援機器
(3)排泄支援
○排泄物の処理にロボット技術を用いた設置位置の調整可能なトイレ
(4)認知症の方の見守り
○介護施設において使用する、センサーや外部通信機能を備えたロボット技術を用いた機器の
プラットフォーム
在宅介護において使用する、転倒検知センサーや外部通信機能を備えたロボット技術を用
いた機器のプラットフォーム

(5)入浴支援
●ロボット技術を用いて浴槽に出入りする際の一連の動作を支援する機器




ラベル:介護ロボット
posted by ulalaway at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | はるうらら館 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月20日

介護ロボット市場調査結果

福祉用具の安全性を考えるネットワークからのお知らせ

矢野経済研究所では、昨年10月から12月に国内の介護ロボット市場の調査
を実施し、その結果を同社HP公表しています。下記は記事より抜粋です。

国内の介護ロボット市場規模(メーカ出荷金額ベース)は、2011年度が1億2,400万円、
2012年度は前年度比137.1%の1億7,000万円となった。2012年度は数量の拡大
に同調して、金額ベースも高い伸びとなるが、絶対額はまだ大きくはない。
目的別にみると排泄支援と歩行支援が主となるが、介護ロボットとしてはまだ介
護現場にほとんど普及していないのが実態である。

2015年度には介護保険制度の見直しも予定され、介護ロボットの介護保険適
用製品が増加すれば市場拡大の追い風となる。国による普及のための方策も期
待されており、国内の介護ロボット市場規模(メーカ出荷金額ベース)は、
2015年度に23億円、2020年度には349億8,000万円に拡大と予測する。

<介護ロボットとは>
本調査における介護ロボットとは、主に高齢者の介護目的(排泄支援、
食事支援、移乗支援、歩行支援、見守り支援など)に使用されるものを指す。
センシング・自立制御・駆動のロボット3条件を満たさなくても、それらの
技術を応用した福祉機器も含む。また、医療機器に属するリハビリロボット、
コミュニケーションやセラピーを目的としたロボットは対象としていないが、
機能が重複することもあり明確に区分できないものもあります。

posted by ulalaway at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | はるうらら館 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月17日

いよいよ明日から〜第40回 国際福祉機器展 H.C.R.2013 

福祉用具の安全性を考えるネットワークからのお知らせ

毎年、恒例となっております国際福祉機器展 H.C.R.2013が、9月18日か
ら3日間開催されます。
ハンドメイドの自助具から最先端技術を活用した福祉車両まで世界の福祉機
器を一堂に集めた国際展示会です。
保健医療・福祉・介護の各分野の制度改革や事業活動を紹介する国際シンポジ
ウム、セミナー情報なども開催されます。

期日 : 2013年9月18日(水)〜9月20日(金)10:00〜17:00
会場 : 東京ビッグサイト東展示ホール(有明)
入場料 : 無料・登録制(一部プログラムは有料)


国際福祉機器展 H.C.R.2013 
posted by ulalaway at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | はるうらら館 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月25日

「職場における腰痛予防対策指針」改訂〜福祉・医療分野、大幅拡充

福祉用具の安全性を考えるネットワーク

厚生労働省は19年ぶりに「職場における腰痛予防対策指針」を改訂し、福祉・
医療分野などの介護・看護作業について、大幅に内容を拡充した。


厚労省によると、2011年に「4日以上仕事を休まなければならない」腰痛は
4,822件と、職業病全体の6割を占めているという。
業種別にみると、社会福祉施設がおよそ19%と1番多く、この10年で2.7倍に
増加している。

18日に発表された指針では、社会福祉施設の現場など、福祉・医療分野など
の介護・看護作業についての対策が、大幅に拡充された。
中でも、入浴介助などでの「抱え上げ」は、腰に著しく負担がかかるとして、
「原則として、人力による人の抱え上げは行わせないこと」と明記された。


具体的な対策として、リフト等の福祉用具(機器や道リフト等の福祉用具)
を導入することも盛り込まれている。

職場における腰痛予防対策指針の改訂及びその普及に関する検討会報告書

〜19年ぶりに「職場における腰痛予防対策指針」を改訂〜
posted by ulalaway at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | はるうらら館 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月18日

第2回都市部の高齢化対策に関する検討会資料

福祉用具(介護用品)の安全性を考えるネットワークからのNEWS

厚生労働省は、6月13日に第2回都市部の高齢化対策に関する検討会を
開催。このたび資料が公表されました。主な議題は下記のとおりです。

都市部の高齢者数の見通し
○都市部でのサービス提供確保方策の検討
・住民の互助(ボランティア)、商店街、コンビニ、郵便局等の活
用可能性と促進方策
・都市部での特養、居宅サービス等の整備の課題把握と推進方策
○地方での都市部高齢者(要介護者を含む)の受け入れ時の課題と
対応策の検討
・高齢者を地方で受け入れる場合のモデルの提供(企業や大学と
の連携を含む)
・介護等の社会保障費用の負担の調整(住所地特例の適用範囲)


第2回都市部の高齢化対策に関する検討会資料
posted by ulalaway at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | はるうらら館 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする